そのボディになった時に掛かった費用はおいくら?

スリム美人になるために~脂肪吸引など費用の把握が大切~

部分別で異なる方法

横顔

脂肪吸引には幾つか種類がありますが、この種類が行なう箇所によって最適かそうでないか変わってくることを知らない方も多いでしょう。一般的に脂肪吸引には切開を行なう方法と、行わない方法があり、効果も費用も大きく変わります。切開を行う場合、費用は高くなる傾向があり、その分高い効果を得ることができます。切開しない場合は費用が安くなりますが、人によって効果の差が出てきてしまいます。どの方法が最適か知っておくことでより良い脂肪吸引を行なうことが出来るでしょう。

二の腕の脂肪吸引をする時は切開を行なう脂肪吸引が最適とされています。切開と言っても二の腕の場合は範囲が狭いためスマートリポレーザーなどを用いて少量を切除します。奥の脂肪を切除することが出来るため、切除による変化を少なくすることができつつも、しっかりと脂肪を無くすことが出来ます。光を照射するタイプの切らない脂肪吸引方法も利用することは出来ますが、皮膚が弱い方は光に異常に反応してしまう可能性があり、変色することもあります。腕など人に見られることが多い場所で変色するとマズイため、最初の検査で皮膚が弱いと判断された方はスマートリポレーザーなどを用います。このことから切開する方法がより一般的に行われます。太もも等は神経が集中する場所で、切開する方法は高い技量が必要になります。切開する方が脂肪吸引量自体は多くすることが出来ますが、神経に触れて痺れが残るといった失敗なども可能性も考えられるため、よっぽどのことではない限り切開しない方法が用いられます。ウルトラアクセントやライポソニックスなどがよく用いられ、適度な量を除去することで自然な仕上がりにすることが出来ます。ただし量が少ないため回数をこなさないといけない事もあります。お尻など脂肪と筋肉が多い場所は切除しないタイプも切除するタイプでもどちらでも良い効果を得られるでしょう。比較的傷跡も残りにくい場所なため切除するタイプも良く用いられ、一回の治療で大量の脂肪を吸引可能です。切除しないタイプではサーマクール等が用いられ、強い光をあてて筋肉自体を振動させ消化させていきます。皮膚に厚みがあるため変色などの心配も他の部位よりは少なくなります。

人気記事

全身スリム体型へ

施術線

美容整形技術は常に進化していて、近年では切らずに脂肪吸引をすることが出来るようになっています。切除しないため傷跡が残らず、また体の負担を少なくすることも可能です。

詳細

ピックアップ

リスクと費用

掴む

脂肪吸引の方法は年々進化していて、近年では切除しないタイプも登場しています。費用は切除するタイプより安くなり、気軽にできますが効果が現れにくいという弱点もあります。

詳細

最新のハーブ法

施術中

脂肪吸引の方法の中にハーブ法があり、ハーブ法では一切切開せずに脂肪分解剤を注入するだけで脂肪除去をすることが出来ます。費用も安く、傷跡もなく手頃に憧れのボディーへ変身することが出来ます。

詳細

人気で探す

細い女性

脂肪吸引の方法はいくつかあり、切開しない安全性に優れた方法もあります。ですが基本的にはリスクがあるため、しっかりとリスクを知った上でクリニック選びをすることが求められます。

詳細